汗のいや~な臭いの予防方法

汗の臭いを気にされている方は多いと思います。しかし、汗は最初から臭うのではありません。時間が経って、その汗に皮脂や垢が混ざり雑菌が繁殖することで、体臭が徐々に発生し、その目安は1~2時間だと言われています。

では、どうやってその臭いを抑えるかですが、いちばんオーソドックスなのは、制汗剤(デオドラント)を使う方法です。制汗剤には、主に、汗の量を抑える効果と、汗の中の雑菌が繁殖しないようにする効果の2つがあります。制汗剤は自分の体臭の強さによって選択すれば良いですが、特に臭いが気になるようであれば、スティックタイプの殺菌作用が強いものがオススメです。

また、コマメに汗を拭くのも悪臭防止に効果があります。前述のとおり、1~2時間で汗は臭いを発生させますので、汗をかいた後は、その時間内にタオル等で汗を拭き取ることが大切です。ただし、乾いたタオルを使用すると表面の汗をすべて拭きとってしまうことになり、乾いた肌をふたたび潤そうと、余計に汗が出てくる恐れがあります。したがって、汗を拭き取る際は、すこし濡れたタオル等、適度に水分が残ったもので汗を拭き、肌の汗がすべてなくならないようにすることが重要です。

 汗をまったくかかないことは不可能です。これから汗が気になる季節となりますので、汗と上手に付き合い、しっかりと汗対策をおこないましょう。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ