入浴時の体の洗い方に注意しましょう

悪臭は体に悪い菌が繁殖して、汗となって体外に放出されるためにおこるとされています。反対に体に良い菌は肌を守り、悪臭を放つようなことはありません。日中汗をかいたので、入浴時に石鹸やボディソープ等で体をすみずみまでゴシゴシと力を込めて、洗っていることが多いと思います。

特にデリケートな部分は何度も念入りに洗ったりすることは当然のことでしょう。汗を洗い流しているという実感がありますし、体を清潔に保つことができたという満足感もあるでしょう。しかし、この洗いすぎは間違いなのです。洗いすぎることによって体に良い菌が必要以上に洗い流されてしまうために、悪い菌が繁殖する機会を作ってしまっているのです。

その結果、臭いを取るために入浴しているのに、実は肌の状態を悪くさせているのです。では、どの様にすれば、改善することができるのでしょうか。まず、湯船に体を浸して、表面に付着している汗を軽く洗い流します。体が温まったら、できるだけ刺激の少ない石鹸やボディソープを手に取って、タオルやスポンジを使用しないで、手だけで体を洗います。

何か物足りなくて、不潔な気がしますが、体にも適度の脂分やさきほどの良い菌が必要なので、そのためにも手だけで優しく体を洗うようにしてみて下さい。個人差はあると思うのですが、意外と効果的であると思います。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ