食べ物に気をつけつつ、汗腺をきたえる

人間の汗は、アポクリン腺というとこから分泌されるもので、体質によっても個人差はありますが、どうしてもかいてしまうものです。しかし、汗そのものには、さほど臭いはないと言われています。汗をかいたときに感じる、くさい臭い、あれは雑菌などの繁殖によって臭いを発しています。

汗の臭いを抑える対策として、まず食生活では、肉類や脂っこいも、辛い物などをなるべく食べないようにすること。動物性脂肪や香辛料などはやはり臭いを発しますし、汗をかきやすくなり、汗腺が活発になってしまいます。

その他、下着に消臭効果のある衣類を着たり、可能ならばかいた汗をそのまま放置せずに着替えることが悪臭が体に染みつかないようになると思います。

また、汗にも質があり、良い汗と悪い汗があり、普段から適度な運動などで汗をかくようにしている人は、汗腺が鍛えられているので、臭いも少ないと言われています。汗腺の機能が高い人は、汗に含まれるミネラル分が再び吸収されるので、さらっとしたあまり臭わない汗になるのです。

つまり、汗腺の機能をトレーニングで向上させていくことも方法の一つだと思います。人間は、寝ているときに想像以上に汗をかくと言われています。ですから、朝起きたときに、シャワーをあびる習慣を作ることができれば、少しでも汗の臭いを和らげることができるのではと思います。その他、 こまめにドラッグストアで手に入る使い捨てにの汗ふきシートなどを
取り入れるのも場所やシーンによっては、良い手段になるでしょう。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ