酢のお風呂で悪臭汗予防

わたしが1番効果があった悪臭汗対策は、酢を入れたお風呂に入ったり酢を飲むことです。クエン酸が体臭が強くなる原因を排出しやすい体内環境を作ってくれるそうです。入浴方法はお湯をはった浴槽に約100ml程度の醸造酢をいれて体を温めるだけです。まず血流が良くなるだけでも代謝が促進され嫌な体臭を抑えられます。

そして酢を入れた弱酸性のお湯が体臭の原因になってしまう雑菌の繁殖を抑えてくれます。お風呂に酢、というと少し抵抗があるかもしれませんが、かなり薄まっているので普通のお風呂とあまり変わらずに入れると思います。より効果があるのは木酢液です。普通の酢に比べて、より殺菌や消臭作用が強いです。木酢液であれば約30ml程度で効果があります。

これで外側からケアをして、内側からも対処する方が効果的です。食用の酢なら何でも大丈夫なので酢を飲みます。リンゴ酢や梅の酢など飲みやすいものでも大丈夫なので続けやすいと思います。クエン酸が代謝を活発化させてくれることで体臭の原因を解毒してくれます。わたしはこれで次の日から自分の汗の臭いが気にならなくなりました。お風呂に酢を入れての入浴は毎日はできていないですが、酢を飲むだけでも対処できています。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ