悪臭のする汗の原因と対策

汗の嫌な臭いを気にする人は多いと思います。
そもそも汗というのは本来無臭のものなのですが、様々な理由で臭いを発生させます。
たとえば皮膚の表面に雑菌などが付着していた場合、汗と混ざり分解されることであの嫌な臭いを発生させます。

また運動不足の人が汗をかいた場合、普段汗をあまりかかないことが原因で汗がアルカリ性に傾き雑菌の増殖を抑制する弱酸性を弱めるので少しの汗でも臭いを発生させます。
他にもお肉などを食べ過ぎると汗の臭いがきつくなるとよく言われていますが、これは皮脂と汗が混ざり合うことで臭いを発生させます。

肉食な方は皮脂の分泌量も多くなるので結果汗の臭いもきつくなります。
対策としてはまず身体全体、特に汗をかきやすい脇や足などを清潔に保つことです。
入浴時にきちんと洗うのはもちろんですが、外出先でも制汗スプレーやシートを使って常に綺麗にしておきましょう。

また適度な運動も重要ですので、小まめにウォーキングなどを行って汗を定期的にかくように心がけてください。

そうすることで健康的な汗がかけるようになりますので悪臭も予防できます。
さらに食事もお肉ばかりではなく野菜や炭水化物などの食材もバランスよく食べるようにしましょう。
食事に偏りを作れば汗の臭いもきつくなりますので出来る限り気をつけるようにしてください。
小まめな工夫を毎日行うことで悪臭のする汗は自然と改善していくので面倒だとは思わずに根気強く行いましょう。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ