汗のにおいを防ぐためには

健康に生活していれば、汗をかくことは避けられません。
制汗剤を使ったり香水をつけたり、においに対処するために様々なことを実践している人も多いでしょう。
でもまずは、汗のにおいそのものを抑えるために、日常生活から見直してみる必要があるかもしれません。
他の多くの問題と同じように、汗のにおいにも、食事と運動が関係しています。
まずは食事の内容です。

野菜よりも肉が好きでたくさん食べる、という人は要注意です。
肉を消化する過程で、においの元となるアンモニアがつくられ、その一部が汗とともに分泌されてしまうことがあります。

これは特に体調が優れないとき、腎臓や肝臓が正常に働いていないときに起こりやすいため、日頃から健康的な生活を心掛ける必要があります。

また、においの原因となる物質を排泄する手助けになるので、食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。
次に、運動不足です。

電車や自動車などでの移動、デスクワークやテレビの前で過ごす休日など、現代人は運動が不足しがちです。
しかし、これも汗のにおいの元です。

たまった老廃物や血行の悪さなども、悪臭の原因となります。
日常的に、特に有酸素運動の習慣をつけ、気持ちのよい汗を流すようにしましょう。

まとめると、バランスのよい食事を摂り不摂生せず、習慣的に運動をする、健康的な生活を送ることこそが一番の方法のようです。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ